株式会社ながろ不動産

井戸のある不動産の売却に注意するポイント【松山市】

お問い合わせはこちら 売却物件情報はこちら

井戸のある不動産の売却に注意するポイント【松山市】

井戸のある不動産の売却に注意するポイント【松山市】

2024/02/22

松山市内周辺には、敷地内に井戸が残っている不動産が多く存在します。

実は、私の実家にも敷地内に井戸があります。

 

松山市の森松町周辺などの重信川の地下水を生活用水にしている地域では、井戸を利用して地下水をくみ上げている不動産も多くあり、井戸のある不動産を売却するケースもあります。

 

今回は、井戸のある不動産を売却する際の注意点を解説します。

 

<井戸とは>

 

井戸は、地中から地下水をくみ上げるために設置されたものをいい、かつては生活用水を調達する設備として、広く利用されていました。

近年、上水道の発達により生活用水をして利用される井戸は減少しています。

井戸には、深井戸と浅井戸があります。

深井戸は地中から30mより深い硬い岩盤の下の地下水を利用するもので、周囲の環境変化の影響を受けにくく、水質と水量が安定しているのが特徴です。

浅井戸は地中から10m程度掘られた井戸のことを指し、地表に近いため、周囲の環境の変化により水量や水質が変化しやすいのが特徴です。

くみ上げ方法は、つるべ式、手動ポンプ式、電動ポンプ式といくつか種類があります。

 

<井戸の継続利用を想定して不動産売却する場合>

 

井戸を引き続き使用することを前提に不動産を売却する場合、売主は設置されている井戸の形状等を買主に説明する必要があります。

多くの場合は、浅井戸であるため、環境の変化によっては水質・水量が安定しない旨を説明しておくとよいでしょう。

また、井戸の設備として、くみ上げ設備(電動ポンプなど)の動作確認を行い、故障の有無など明確に説明し、設備保証を負うか否かを明確にする必要があります。

 

井戸は、土地を掘削して地下水をくみ上げている性質上、取水量によっては地盤沈下を引き起こす可能性もありますので、そのリスクについても説明しておくとよいでしょう。

 

<井戸を撤去し不動産売却を行う場合>

 

売主にて井戸を撤去した不動産を売却する場合にも、買主に対しかつて井戸があった旨説明しておくべきでしょう。

井戸の撤去は、井戸に土や砂利を入れる方法で埋め戻されるため、適切な手順で実施された場合、地盤沈下等の影響は少ないでしょう。

ただし、井戸の構造物の一部が地中に残存する可能性がありますので、「対象不動産内には、過去に井戸が存し埋め戻したため、地中には井戸の構造物が残存している可能性がある旨」買主に説明しておくとよいでしょう。

また、地域によっては、井戸には神様が宿るとの言い伝えもあります。

井戸を埋設した際には、お祓いを実施し、お祓いを実施した旨を買主に伝えることで買主は安心して不動産購入することができるでしょう。

 

<地下水から上水道に切り替えが可能か確認>

 

松山市の森松町周辺では、地下水を生活用水にしている地域があります。

実際にあった事例ですが、水量が安定せず数年ごとに断水するため、上水道に切り替えようと試みましたが、前面道路に上水道が埋設されておらず、松山市の上水道を引き込むには300m先の上水道管まで引込管を伸ばす必要があり、多額の費用が生じることがわかりました。

また、他人地(私道)に引込管を埋設する必要があり、複数の土地所有者の同意が必要となり断念しました

地下水のみを生活用水に利用している不動産については、将来の上下水道への切り替えが可能であるか調査し、その結果を買主に説明する必要があるでしょう。

 

<まとめ>

まだまだ井戸がある不動産は多くあります。

水不足の心配がある松山市内では、井戸は非常時に水を確保できる重要な設備でもあります。

設備である以上、井戸を維持したまま不動産売却する場合は、説明義務がありますので注意しましょう。

 

一方で、井戸を危険と感じる方も多く、不動産売却の際には、井戸の撤去を求められることも多くあります。

井戸の埋設は適切な方法で行う必要がありますので、業者選定は慎重に行いましょう。

お祓いも実施すると、なおよいでしょう。

 

井戸のある不動産の売却については、過去にも数件の売却経験のある株式会社ながろ不動産までお問い合わせください。

上下水道への切り替え工事ができるかどうかなどの調査も行い、適切な売却方法をご提案いたします。

お問い合わせは、「お問い合わせフォーム」まで!

----------------------------------------------------------------------

<この記事の執筆者>

株式会社ながろ不動産
愛媛県松山市本町6-6-7 ロータリー本町306号

代表取締役 長櫓 陽光(ながろ ようこう)

宅地建物取引士

行政書士(愛媛県行政書士会所属)

2級ファイナンシャルプランニング技能士

不動産業界歴10年以上

電話番号 : 089-994-6393
FAX番号 : 089-994-6394


松山市で安全な土地取引を支援

松山市の適切な戸建て売却

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。