株式会社ながろ不動産

不動産売却における仲介手数料上限の見直しについて|不動産売却豆知識(第58回)

お問い合わせはこちら 売却物件情報はこちら

不動産売却における仲介手数料上限の見直しについて|不動産売却豆知識(第58回)

不動産売却における仲介手数料上限の見直しについて|不動産売却豆知識(第58回)

2024/06/29

不動産には専門的な知識や用語が多く、一般のお客様には特にわかりにくいと思います。

本ブログ内では、「不動産売却豆知識」シリーズとして、不動産取引に役立つ豆知識を解説します。

不動産取引に役立つ豆知識を解説していく不定期更新シリーズの第58回!

 

今回は、令和6年7月1日施行予定の「仲介手数料の上限の見直し」について解説します。

物件価格が800万円以下の不動産を売却した際の「仲介手数料の上限」が、大きく変更されます。

売主様には大きな影響を与える見直しとなりますので、ご確認ください。

 

<仲介手数料の上限とは>

 

不動産会社が、売主から依頼を受け、不動産の仲介(媒介)、代理の依頼を受けた際に請求できる仲介手数料には、宅地建物取引業法で上限が設定されています。

 

売買代金

(税抜)

仲介手数料上限(税抜)
200万円以下の場合 売買代金×5%

200万円超え

400万円以下の場合

売買代金×4%+2万円
400万円超え 売買代金×3%+6万円

 

上記表に記載の上限額が仲介手数料の基本となります。

仲介手数料は、売買代金によって増減するため、売買代金の低い不動産の取り扱いを断る不動産会社が増え、不動産の流通を妨げる原因となってしまいました。

 

そこで、宅地建物取引業法を改正し、売買代金が400万円以下の不動産については、2018年1月1日より仲介手数料の上限を「18万円+消費税」まで引き上げる改正が行われました。

売主の了承が得られれば、18万円+消費税までは仲介手数料を請求できるのです。

しかし、今回の見直しで、更に仲介手数料の上限が引き上げられることとなりました。

 

<2024年7月1日からの改正>

 

2024年7月1日からの改正は、以下の通りです。

 

【廉価な空家等の媒介の特例】国土交通省HPより抜粋

 

廉価な空家等(物件価格が800万円以下の宅地建物)については、当該媒介に要する費用を勘案して、原則による上限を超えて報酬を受領できる。(30万円の1.1倍が上限)

 

800万円以下の不動産売却については、仲介手数料の上限が一律33万円(税込)に増額されることになりました。

ただし、あらかじめ報酬額については、売主に対し説明し、合意する必要があります。

 

「空き家等に係る媒介報酬規制の見直し(国土交通省)」をご参照ください。

 

<今回の見直しのポイント>

 

仲介手数料は、売買代金によって変動するため、不動産会社は都心部に集中し、地方では少なくなっています。

不動産仲介の場合、売買代金が低くても高くても、調査費や広告費などは必要となり、廉価な不動産売却では従前の仲介手数料では収益が得られないケースも多くあります。

今回の見直しは、不動産会社が廉価な不動産の売却依頼についても、積極的に受託することを促すためのものです。

今後、媒介契約書の報酬欄には、800万円以下の不動産については、一律で33万円(税込)と記載することが想定されます。

 

・2024年6月30日まで媒介契約を結んでいる場合

 

2024年6月30日までに、媒介契約を結んでいる場合は、媒介契約の結び直しか、更新時に仲介手数料の変更がなければ、従前の仲介手数料の上限となります。

 

 

<まとめ>

今回の仲介手数料の引き上げの見直しにより、800万円以下の不動産を売却する場合、仲介手数料の上限が一律33万円まで引き上げとなりました。

この改正により、価格の低い不動産の流通が盛んになることが期待されています。

今回の仲介手数料の上限変更は、あくまで売主様からいただく仲介手数料の上限の変更です。

買主様からいただく仲介手数料の上限については、上記表の計算式が適用されます。

 

ながろ不動産では、愛媛県内、松山市、東温市、伊予市、伊予郡砥部町、伊予郡松前町の不動産売却を行っています。

お客様とのコミュニケーションを大切にし、物件ごと、お客様ごとに最適な提案を心掛けております。

不動産についてのご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは、「お問い合わせフォーム」まで!

----------------------------------------------------------------------

<この記事の執筆者>

株式会社ながろ不動産
愛媛県松山市本町6-6-7 ロータリー本町306号

代表取締役 長櫓 陽光(ながろ ようこう)

宅地建物取引士

行政書士(愛媛県行政書士会所属)

2級ファイナンシャルプランニング技能士

不動産業界歴10年以上

電話番号 : 089-994-6393
FAX番号 : 089-994-6394


松山市で安全な土地取引を支援

松山市の適切な戸建て売却

松山市の効率的なマンション取引

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。